足長おじさんのように毎月小額を寄付する仕組み

”足長おじさんのように毎月小額を寄付する仕組み”とは、沢山の支援者が協力して毎月少額の支援を継続する「足長おじさん」のような「継続支援」の方法です。

身寄りのない少女に進学のための援助を行なう「あしながおじさん」は、現代日本では広く学生への援助者の意味で用いられ、遺児奨学金のための原資拠出を行なう人を一般に「あしながさん」と呼んでいます。wikipediaより

テニスで有名な”錦織圭”さんは盛田ファンドの支援により米国テニス留学を実現しました。
この留学先のIMGアカデミーはスポーツアスリート育成の世界TOPクラスのアカデミーであり、全寮制、学費込で年間約600万円(月約50万円)の費用が係ります。

私たちの、この「継続支援」を活用すれば、月ワンコイン(500円)の支援でも1,000名の支援者が集まれば、月50万円集まりますので、地方に埋もれている未来の”錦織圭”を目指す可能性がある素材を、地域のみんなで育てることが可能となります。

同じ方法により、遠征費や運営費で経済的に厳しい運営を強いられている”スクール・クラブ”などへの支援金や、地産の素晴らしい農林水産素材への支援、災害被災地の個々の個人・団体等(各種施設、漁港、農業、企業、店舗など様々なターゲット)に対する直接の支援を行うことが出来ます。

fund2

私たちの”名指し支援TM”による、すべてのファンドは、支援したい人または人達が支援ターゲットに対して直接支援出来る仕組みです。 
しかも”名指し支援TM”では、支援者が想いを込めた貴重な支援金が、”どのようにして”、”いつ”、”いくら”、支援ターゲットに支払われたか?をシステムにて確認出来るため、支援者の想いを最大限に尊重した仕組みとなっています。
※名指し支援TM”は、商標として登録されています。
※継続支援を利用するには最低20名の支援者を集める必要があります。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ