セカンドキャリア支援

「セカンドキャリア支援」とは、スポーツアスリート引退後の第2の人生を豊かで夢があるものへと導く支援体制のことです。

トップアスリートが引退後は、テレビ解説者や指導者として活躍しているように思われがちですが、そのように引退後に素晴らしい第2の人生を歩むことが出来るのは、ほんの一握りでしかありません。
しかも、後から引退したトップアスリートの人気が勝った場合、テレビ解説者などの地位は一瞬にして無くなるなど、経済状況は一変します。
このようにトップアスリートの引退後の第2の人生は厳しいのが現実ですが、前記の例はまだ恵まれた例であり、その他のほとんどのトップアスリートの第2の人生は、それまで輝かしい選手生活とは大きく異なる”生きていくため”の再就職が一般的です。

そのため、これらのトップアスリートが長年の現役選手生活の中で多額の費用と時間を掛けて経験蓄積してきた知識・ノウハウ等が、後に続く後輩アスリートやキッズ・ジュニアアスリートに継承されることなく失われていきます。

second

私たちは、スポーツファンドにより、トップアスリートが第2の人生、つまりセカンドキャリアの心配が世界がなく、そして彼らが蓄積してきた経験・ノウハウを後に続く後輩アスリートやキッズ・ジュニアアスリートに継承する指導者として生きる世界の構築を目指します。

主には、
 1.スポーツファンドによるセカンドキャリア支援
 2.アスリートが弓退後の生活に備えて、それまでの支援者からの支援金の一部を自身の年金基金として積立ること
 3.トップアスリートの経験知を国民に還元できる制度設計(アスリートのセカンドキャリア支援、社会還元)の制度を
   地方および国の体制や法整備出来るように活動すること。

私たちの”名指し支援TM”による、すべてのファンドは、支援したい人または人達が支援ターゲットに対して直接支援出来る仕組みです。 
しかも”名指し支援TM”では、支援者が想いを込めた貴重な支援金が、”どのようにして”、”いつ”、”いくら”、支援ターゲットに支払われたか?をシステムにて確認出来るため、支援者の想いを最大限に尊重した仕組みとなっています。
※名指し支援TM”は、商標として登録されています。

ページ上部へ戻る
ツールバーへスキップ